不妊症治療法【排卵誘発剤】 不妊治療.net/もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!

 

不妊症治療法【排卵誘発剤】

排卵誘発剤

不妊治療では、排卵誘発剤が良く使われています。
排卵誘発剤の殆どはホルモンで構成されており、卵巣から排卵を
促す作用があるため、多数の卵子が放出され、2人以上の胎児が
同時に子宮内に存在する状態の、多胎妊娠(たたいにんしん)に
なる場合があります。

また、排卵誘発剤の注射剤で問題になる最も恐ろしい副作用の
卵巣過剰刺激症候群になる場合もあるので、排卵誘発剤の種類
などを良く理解しておくと良いでしょう。

【排卵誘発剤の種類】

HMG
作用が強い注射剤です。

クロミフェン
卵胞刺激ホルモンの分泌を促す飲み薬です。

HCG
黄体ホルモンの働きをする注射剤です。

プロモクリプチン
プロラクチン分泌を抑える働きがある飲み薬です。

黄体ホルモン
黄体ホルモンを薬にしたもので、飲み薬になります。


もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!
健康な赤ちゃんを産む!『失敗しない妊娠術』



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。