体外授精と顕微受精 不妊治療.net/もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!

 

体外授精と顕微受精

通常の体外受精・胚移植による治療は、主として、卵管が
閉鎖している為に不妊となっている人のための治療方法で、
原因不明不妊や免疫性不妊、そして男性不妊の一部にも用い
られます。


顕微受精のほとんどの過程は、体外授精:胚移植(IVF-ET)と
同じで、一言でいうと、「自力では受精能力のない精子の
場合の不妊治療方法」です。


通常の体外受精との決定的な違いは、「特別な顕微鏡を用いて、
採卵した卵の細胞質内に特殊な針で精子を注入し、受精させる。」
ことで、「究極の男性不妊治療法」と言われており、精子不動症等
で、精子と卵子が自然に受精するのが困難な場合に行われます。


もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!
健康な赤ちゃんを産むことができる!『失敗しない妊娠術』


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。