体外授精:胚移植(IVF-ET) 不妊治療.net/もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!

 

体外授精:胚移植(IVF-ET)

体外授精:胚移植(IVF-ET)

体外授精とは、精子と卵子を採取し、体の外で授精させ、受精卵を
子宮内に戻す方法で、体外受精は下記の症状の方が対象となります。

@ 卵管の異常
両側の卵管が炎症などで閉じてしまっている(卵管閉鎖)場合は卵と精子が出会えませんからIVF-ETが必要です。その他、卵管の周囲に強い癒着がある場合も対象となります。

A 高度骨盤内癒着
子宮、卵管、卵巣などの骨盤内臓器が強度に癒着している場合。

B 子宮内膜症
内膜症に対してホルモン療法、腹腔鏡などを行ったにもかかわらず
妊娠に成功しない場合。

C 精子の異常
精子減少症や精子無力症などで人工授精を行っても妊娠に成功しない
場合や、その他妻側に抗精子抗体がある場合。

D 原因不明不妊
明らかな不妊原因がなく、人工授精や過排卵刺激法など他の治療を
したにもかかわらず長期間妊娠に成功しない場合。

以上のように体外授精:胚移植(IVF-ET)は、不妊症のかなりの方が
治療対象になり得ます。


体外受精−胚移植法(IVF-ET)は、大きくわけて
下記の5つの過程で行われます。

体外受精−胚移植法(IVF-ET)の過程をまとめてみますと

【1】 過排卵刺激(排卵誘発剤による卵巣への刺激)

【2】 採卵(卵巣から卵を取り出す)

【3】 媒精(精子を加える)

【4】 体外受精(培養液の中で受精をおこさせる)

【5】 胚移植(受精した胚を子宮腔内に注入(移植)する)

となります。


もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!
健康な赤ちゃんを産むことができる!『失敗しない妊娠術』


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。