不妊症治療【人工授精】 不妊治療.net/もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる!

 

不妊症治療【人工授精】

人工授精とは?

人工授精は、非常に人為的に妊娠を操作するような印象を持ちますが
実際はそうではなく、人工授精とは、男性に精液(精子)を提供して
もらい、直接パートナーの子宮内に注入する方法のことをいいます。

副作用として、精液内の精子以外の物質が原因で、腹痛や発熱を起こす場合がありますが、そのほとんどが一過性のもので、その後の妊娠
には、特に問題が無いようです。

最近では、運動量の多い精子のみを選別して子宮内へ注入する方法が普及しており、注入する精子が活発なので、妊娠率も高く副作用も少ないです。場合によっては、排卵誘発剤が併用される事もあります。

人工授精は精子の提供者により、その呼び方がそれそれ変わります。
配偶者(夫)の精液を使用した人工授精は「配偶者間人工授精(AIH)」、
配偶者(夫)以外で精子提供者の精液を使用した人工授精の場合は、
「非配偶者間人工授精(AID)」とよばれます。


>>もう不妊症で悩まない!たった3ヶ月で妊娠できる方法!<<




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。